事務局ブログ

2012年8月アーカイブ
2012.08.27

ジュンク堂池袋本店でのトークイベント開催報告

平成24年8月25日(土)、ジュンク堂池袋本店でトークセッションイベントが開催されまました。椅子席がすべて埋まる方々の参加で熱のこもったトークセッションが出来ましたのでご報告いたします。
今回ご参加できなかった方へ、お二方のトーク内容の一部をご紹介いたします。次回は9月22日(土)紀伊国屋新宿本店(14:00から)です。皆様のご参加をお待ちしています。


【小山氏】 算数は答えが出るものです。例えば1/3+1/4=7/12になるけど、これを「みかん」と「リンゴ」に置き換えて考えて見ると、1/3のみかんと+1/4のリンゴを足すとジュースになりますよね。さらに、みかんとリンゴの比率を変えて1/3のリンゴと+1/4のみかんと足してみたらどうなるか。味の違うジュースができます(笑)。この違いを教える分野として家庭科教育に注目しています。
 住教育はとても大変はことです。先生方は教えるための自信と、情報(教材)が必要になります。現代はこの情報が皆無です。専門家が書いた住まいの本は、構造概論とか設備論であり、国民の知識レベツと乖離しています。時に外断熱の家とか木と漆喰の家といった本も出ていますが、著者の得意技をまとめたPRです。つまり、真の住まいの情報が一般化していないのです。
子どもたちに住教育を教えるため、本書が少しでもお手伝いできたらと思っています。
【アサノ氏】 「未来のまちをつくりましょう」というワークショップ(WS)は、震災後12日が経ったときに福島市からお声がけ頂いて開催したWSです。このWSは震災前から福島市と一緒に取り組んでいたので、その流れの中で開催しました。
 実はこのWSは、「大人の元気がないので、大人のためにこれまでと変わりないワークショップをやって欲しい」というのが行政の意向でした(笑)。その中で感じたことは、すぐに友達を作ってしまう子どもはたくましさです。子どもたちがつくった模型の中に、団地をつくる子どもや水族館・ボーリング場・公園をつくり子どもが居ました。後でお母さんから話を聞くと、震災前に住んでいた家が団地であり、家族と一緒に遊びにいった場所が水族館・ボーリング場・公園だったそうです。子どもは、暮らしの原風景を未来の模型にしたんですよね。これは「住まいのかたち」という視点において、子どもにどう教えるかが大切だと思います。
2012.08.23

トークイベント開催に向けて

ジュンク堂本店でのポスター掲載の様子です。
開催は8月25日(土)19:30〜21:00です。
館内のインフォメーションにも掲載されています。
会場は4F喫茶内ですのでお待ちしております。
紀伊国屋新宿本店では、平済みの書籍にポップでイベントの告知も掲載されています。
こちらは、9月22日ですのでお間違えないように!
それでは、ご参加をお待ちしております。
2012.08.11

『住まいのかたち』トークイベント開催!

8月25日(土)、9月22日(土)に当会理事の小山祐司×アサノコウタ(建築家)のトークセッションを行います。

いえ・まち再生活動は、拓かれるべき未来へ向けた取組みです。それは、減少化社会、高齢化社会、空家の増加という課題に対する実践です。一方、書籍『住まいのかたち』は住教育の参考本です。過去・現在・未来という時間軸で、日本の住まいの本質をあぶり出しています。執筆中に起こった3.11東日本大震災、その直後の著者とアサノコウタ氏の出会いは偶然ではないはずです。建築家アサノコウタ氏は、震災直後に子どもたちを対象としたワークショップを福島で実践した建築家です。ともに実践を重んじる二人が、「住まいのかたち」についてトークセッションを行います。皆様のご参加をお待ちしております。

※書籍の購入は、こちらからお申し込みください。
■ジュンク堂本店 トークイベント

開催日時: 平成24年8月25日(土)19:30〜
開催場所:ジュンク堂書店池袋本店4階カフェ
申し込み:ジュンク堂ホームページからお申し込みください。
■紀伊国屋新宿本店 トークイベント

開催日時:平成24年9月22日(土)14:00〜
開催場所:紀伊国屋新宿本店9Fイベント会場
申し込み:紀伊国屋新宿本店4F売場カウンター又は、電話03-3354-5704へ。
2012.08.03

『住まいのかたち』がメディア掲載されました。

新文化新聞の平成24年7月12日(木)号で、書籍『住まいのかたち』が掲載されました。
著者の小山祐司(当会理事)と編集にあたった荻野準二(当会社員)が取材を受けました。
書籍『住まいのかたち』は、8月10日号の週間朝日(105ページ)の「注目の本棚」に紹介されています。
1